トップへ戻る

弁護士法人 ALAW&GOODLOOP | 福岡・北九州・長崎および久留米の企業法務、法律顧問契約、法律相談

コラム一覧

記事一覧

国や地方自治体などが行った処分に不服がある場合,行政に対して処分の取消や正しい処分を求める手続があります。審査請求とよばれる手続です。行政処分に際して交付される書面の一番下には,審査請求ができることや,その期間,審査請求先が小さな文字で書いてあることが多いのですが,あまり知られていない手続かもしれま ...
1.事件の相談の中で多い話として、民事の損害賠償請求等に関連して、相手が悪いことをしているから逮捕してほしい、というものがあります。 実際に相手が犯罪相当のことをやっていることはあるのですが、だからといって即時に逮捕してもらえるというものではありません。 むしろ、逮捕してもらえるのはごく一部です ...
最近、インターネット掲示板に、他人の作成した、いわゆるブラウザクラッシャーのリンクを貼ったことに関し、女子中学生と男性の二人が家宅捜索を受けたとの報道がありました(サンケイスポーツ2019.3.14記事)。 ブラウザクラッシャーは、インターネット黎明期からネット上のいたずらとしてよくある ...
問 私は、長女夫婦とその長男である孫と4人暮らしで同居しています。 孫は現在私立の中学に通っており、近々中学を卒業して高校進学をさせたいと考えております。 その場合、公立高校に入る場合もあるし、今通っている私立中学の持ちあがりで私立高校に進学することもあると思います。 とりわけ私立高校の場合 ...
弁護士の川上修です。今回は、主に創業時の事業者の方に押さえていただきたい契約と契約書に関する基礎知識とポイントをご説明いたします。 Q 契約とは何ですか。 A 分かりやすくいうと、二人以上の当事者の間で売買や賃貸などの一定の法律的効果の発生を目的とした合意をいいます。  ...
1 賃借人の過失により第三者に生じた損害については,賃借人が責任を負うことになります。しかしながら,賃貸人も責任を追及される場合があります。 2 次のような事案で,大阪高裁は,賃貸人の損害賠償責任を認めました(大阪高裁平成28年1月28日判決)。民法717条1項の土地工作物責任によりYにも責任 ...
弁護士の関です。 今回もクレプトマニア(窃盗症や窃盗依存とも言います。以下では、「クレプトマニア」に統一します)について簡単に述べさせていただきます。 これまでの私のコラムを読まれている方の中には、万引で刑務所に入れられるなんてあまりに厳し過ぎるとか、そうなってしまう前にいち早く治療すれば良 ...
今回は、相続法改正に伴い、新設された配偶者短期居住権と配偶者居住権についてお話します。 被相続人が亡くなり相続が発生すると、被相続人と一緒に住んでいた相続人がこの家に住めるのか、問題になります。 この点、現行法のもとにおいても、判例(最判平成8年12月17日)で、  ...
今回は、民法改正についてお話したいと思います。2017年5月26日に「民法の一部を改正する法律」(以下「改正法」という。)が成立し、この改正法は、一部例外はあるものの、2020年4月1日から施行されることになりました。この民法改正ですが、債権関係の規定について、社会・経済の変化への対応を図り、国民一 ...
一般的に、訴訟になる以前には、当事者間で話し合いが行われることと思います。例えば、お金を貸したものの返してもらえない場合、貸主は借主との間で、分割返済やその場合の金額、返済期間等、返済についての話し合いを行います。そして、相手方が全く話し合いに応じなかったり、話し合いの内容に納得できなかったりした場 ...
 本年7月に相続法の改正法案が国会で可決成立したことについては、皆さんも新聞報道等でご存知のことと存じます。この改正法は、早いもので来年1月13日、多くのものは公布日である7月13日から1年以内(2019年7月13日)、残りのものは公布から2年以内(2020年7月13日)の施行が予定されています。  ...
弁護士の黒岩です。 今回は労働審判手続きについて書きたいと思います。 1.労働審判は、2006年4月から運用が開始された、他の手続きからすると、かなり新しい手続きです。 対象は個別労働関係民事紛争に限られています(労働審判法1条)。 一番の特徴は、原則として3回で終結するため、速やか ...
弁護士の吉井です。今回は、最近話題になっている、ブロッキングについて開設したいと思います。 まず、最初に、ブロッキングとは何かですが、正確性を無視して簡単にいってしまうと、ドメイン名(このサイトでいえば、agl-law.jp)を入力しても、本来のサイト(このサイトでいえば、当事務所サイト)に繋 ...
贈与税については、いろいろ知らないと大変なことになる問題があります。 その1つが「贈与税の連帯納付責任」というものがあります。 「弁護士業務にまつわる税法の落とし穴」(三訂版)の中で山名隆男弁護士が紹介されている事例です。  ある会社の社長さんが愛人の女性と別れようとして、いわゆる手切 ...
 その1、その2と取引先の倒産に対する備えを説明してきました。  今回は、実際に取引先が倒産してしまった場合の上手な対処法を、倒産の中でも最も多い「破産」を例に御紹介します。なお、以下は取引先が株式会社であることを前提とします。 1 破産というのは、会社に残っている資産を現金化して、それを債権者 ...
1 分譲マンションが売れ残った場合,売主において,値下げ販売を検討することがあると思います。マンションの維持管理にはコストがかかりますし,時間が経てば,市場価格や社会状況も変化しますから,販売価格を下げて完売を目指すという判断は合理的です。   もっとも,既に購入した者においては,値下げ販売を実施 ...
弁護士の関です。  今回もクレプトマニア(窃盗症や窃盗依存症ともいいます。以下では、「クレプトマニア」に統一します。)についての内容です。  よく誤解されている方がいらっしゃいますが、クレプトマニアと診断された方が万引等の窃盗行為を行った場合であっても、基本的には無罪となるわけではありま ...
今回は、遺留分減殺請求権の行使の期限についてお話します。 そもそも、遺留分とは、相続人に保障される相続財産の一定割合のことをいいます。 基本的に人は、自分の持っている財産を売ったり、あげたりと、財産の処分を自由にできます。 しかし、相続の場面では、あまりに自由に処分できてしまうと遺 ...
1. はじめに 近年、グループ会社全体のコンプライアンス重視の立場から、グループ会社全体に適用される『グループ内部通報制度』を設ける会社が増えています。これは、グループ会社の不祥事が、親会社はもちろんグループ全体の信用を損なう事態にまで発展しかねないことから、事前の法令違反等の情報提供により組織の ...
今回も,リスクマネジメントについてお話ししたいと思います。 まず,リスクは,純粋リスクと投機的リスクに大別されます。純粋リスクとは,事故や災害などを防ぐことに関するものを指します。一方で,投機的リスクとは,ビジネスチャンスに伴う不確実性を指します。リスクというと,前者のイメージを持たれる方が多いか ...
1 / 41234